不妊症治療体験記トップへ > 私が不妊症?

私が不妊症?

私は結婚して6年間、赤ちゃんが授かりませんでした。


まだまだ赤ちゃんのことなんて全然考えていなかった時、
たまたま妊娠とは別のことで、産婦人科へ行く機会がありました。
そこで診察をしてもらうと、何気なく先生に・・・


「あんた、子宮ちっちゃいなぁ。こんな小さい子宮ではなかなか
妊娠できやんに。自然に妊娠したら奇跡やわ!」


と言われました。


妊娠のことで診察に行ったわけではないのに、いきなりの不妊宣告!
全くの予想外!不意をつかれました。


私は一瞬にして頭の中が真っ白になり、同時に涙がこぼれてきました。
泣きたくて泣いたわけではありません。


まさか、自分が不妊症だなんて夢にも思ってなかったし、「子供を産めない」と
いうことに、きっと本能的に母性が働いて涙が出てきたのだと思います。


こんなことなら、「子供はまだしばらくいいや」なんて言ってないで、早い段階
から、子供のことを考えておけばよかった・・・と悔やみました。


こんな後悔をされないためにも、既婚の方はすぐ子供を考えていなくても、妊娠
しやすい体かどうかを産婦人科で診てもらうことをオススメします。


それから主人と話し合い不妊治療を始めました。

不妊症を知る

子宮が小さいから赤ちゃんが出来なかったということを知り、自分が不妊症だということを知りました。それまではひとごとだったし、いずれは妊娠するだろうと思っていたので、赤ちゃんが産めないと聞いたときは涙でした・・・

関連エントリー

私が不妊症?
不妊症は他人事
不妊症の現実

一周忌などそれぞれですべきことは何?法事で困ったときのQ&Aサイトで今さら聞けない疑問を解決!
初七日、49日、一周忌に困ったときは法事ガイドが便利なんです(´^ω^`)


不妊症を知る

不妊治療体験談

気持ちの持ち方

意外な効果アルカリイオン

ママになった私から皆さんへ

みんなの子育て

リンク集

結婚の話

サイトについて

不妊解消マニュアル